加湿の必要性

加湿は大事♪空気が乾燥する冬場。
更にエアコンなどで暖房をする室内では
湿度が20〜30%という事も少なくありません。
乾燥が与える影響は様々ですが、

・目やお肌の乾燥
・口や鼻の粘膜が乾燥し埃など体外へ出す働きが低下
・ウィルスの活性化
・静電気の発生


などがあげられます。
乾燥が気になる冬場のお肌はカサカサしませんか?
コンタクトレンズをしている私は目も乾きます。
目がゴロゴロする違和感はとっても不快です。

インフルエンザなどのウィルスは湿度が低いと活動します。
そして喉も乾燥してウィルスが侵入した結果、風邪をひいたり
インフルエンザになってしまうのです。
寝る時にマスクをする、部屋に濡れタオルを干すなどして加湿しましょう。
乾燥時期のドアノブ、車のドアに触れた時の静電気もこれまた不快ですね。

今は静電気防止グッズなどを活用してもいいでしょうね。
まずはとにかく加湿を充分心掛ける事が大切です。

お肌トラブルと湿度は密接の関係がありますから特にお肌トラブルが気になる方は特に注意してみてみましょう。